札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」|過払い、相続、離婚、企業法務、法律相談は札幌弁護士.comへ

債権管理回収会社とは - 札幌の弁護士|前田尚一法律事務所


債権回収法律相談札幌弁護士

債権管理回収会社とは

 

債権管理回収債権回収会社とは、債権管理回収業に関する特別措置法(以下「サービサー法」)に基づき、法務大臣の認可を受け、債権回収を行うことを認められた会社のことをいいます。

 

もともと債権回収を代理で行うことが認められていたのは、弁護士のみであり、それ以外の人が債権回収を行うことは弁護士法違反となり、刑事事件の対象となっていました。

 

しかし、弁護士以外が代理人として債権回収業務を行うことが社会のニーズとして求められたため、特例としてサービサー法で許可を受けた会社だけは債権回収を行うことが認められたのです。

 

なお債権回収会社として認められるためにはいくつかの要件があります。

 

1.資本金が5億円以上であること
2.取締役に1名以上の弁護士がいること
3.暴力団等反社会的組織とかかわりがないこと

 

の3点が必須条件となります。

 

債権回収会社の業務としては、金融機関などから債権の管理回収業務を受託して手数料収入を得たり、債権を買取ったうえで担保不動産を処分する業務を行うなどして収益をあげます。

 

債権回収会社の取扱業務

1.金融機関等(銀行等)が有する(有していた)貸付債権
2.リース・クレジット債権
3.金融機関系列の貸金業者が有する一定の貸付債権
4.保証契約に基づく債権
5.求償権
6.資産の流動化に関する法律に規定する特定債権(流動化対象債権)である金銭債権
7.その他政令で定めるもの

 

債権回収会社の禁止行為

●金融機関等(銀行等)が有する(有していた)貸付債権
●業務遂行にあたり、人を威迫し、またはその私生活・業務の平穏を害するような言動により、相手方を困惑させる行為の禁止
●業務遂行にあたり、暴力団員等を業務に従事させ、またはこれらを業務の補助として使用する行為の禁止
●債権の管理・回収にあたり、偽りその他不正の手段を用いることの禁止
●虚偽表示、誇大広告の禁止
●裁判上の行為については弁護士に遂行させる

 

 


前田 尚一(まえだ しょういち)
前田尚一法律事務所 代表弁護士
出身地:北海道岩見沢市。
出身大学:北海道大学法学部。
主な取扱い分野は、交通事故、離婚、相続問題、債務整理・過払いといった個人の法律相談に加え、「労務・労働事件、クレーム対応、債権回収、契約書関連、その他企業法務全般」も取り扱っています。
30社以上の企業との顧問契約について、代表自身が直接担当し顧問弁護士サービスを提供。


弁護士、法律相談、まずはお気軽にお問合せください。
札幌市,小樽市,岩見沢市,苫小牧市,千歳市,室蘭市,旭川市,函館市,北見市,帯広市,網走市,釧路市,稚内市,根室市,富良野市,名寄市,留萌市,紋別市, その他の北海道内の市町村,近隣各県

0120-48-1744



無料法律相談24時間受付中

前田法律事務所

〒060-0061
札幌市中央区南1条西11-1
コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「西11丁目駅」
2番出口徒歩45秒

メルマガ

HBC・北海道放送 北のビジネス
最前線に出演いたしました。

何かがある前に知っておくべき法律相談

タグ

コロナ セクハラ パワハラ 不倫 不動産 事業承継 交通事故 介護 任意整理 休業手当 住民訴訟 信用情報機関 個人再生 倒産 借地借家 借金 借金救済制度 借金返済 債務整理 債務整理と住宅ローン 債権回収 働き方改革 公正証書 内容証明郵便 内縁関係 内部告発 利息制限法 労働組合 労務問題 医療法人 協議離婚 原状回復 名誉棄損 名誉毀損 商標権 団体交渉 土地区画整理 土地相続 売掛金 多重債務 家庭裁判所 家賃滞納 年金分割 引渡し 強制執行 後遺障害 慰謝料 損害賠償 敷金 明渡請求 時効 未払い残業代請求 根保証 死亡事故 民事再生法 法定相続 浮気 特別の寄与 特養老人ホーム 相続 相続人 相続人の範囲 相続放棄 相続法 相続税 知的財産権 社会福祉法人 立ち退き 立退料 自己破産 自筆証書遺言 裁判 裁判離婚 親権 解雇 調停離婚 請求書 財産分与 賃借人 賃貸人 返済 連帯保証 過払い金請求 遺産分割 遺留分 遺言 遺言書 遺言書保管法 配偶者 配偶者居住権 配偶者短期居住権 離婚 離婚協議書 非嫡出子 面会交渉権 預貯金の払戻し 顧問弁護士 養育費 B型肝炎 C型肝炎
電話フリーダイヤル24時間 相談の流れ 申し込みフォーム