遺言を見つけた時 | 札幌の弁護士なら「前田尚一法律事務所」

遺言を見つけた時

Close


相続法律相談札幌弁護士

遺言を見つけた時

家族が亡くなったとき、思いもよらず遺言書が発見されることがあります。
その遺言書に封がされていた場合、その場では決して開封してはいけません。
勝手に開封すると最高5万円の過料(罰金)を課せられますし、なによりも、相続人の間でトラブルの原因となるおそれがあります。

 

開封は家庭裁判所において、相続人またはその代理人立ち会いのもとでのみ、認められています。

 

家庭裁判所で検認手続きを受ける

公正証書以外の遺言(自筆証書遺言や秘密証書遺言など)については、家庭裁判所の検認を受ける必要があります。遺言者の死後、遺言書を発見した人や保管していた人は、すみやかに家庭裁判所に遺言書を提出します。

 

検認とは、遺言書が正しいものかを確かめ、存在を明確にし、記載内容を確認するために行われるものです。

 

遺言書原本のほか、遺言者の死亡が記載された戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本などを添えて、遺言書検認審判申立書を提出します。その後、家庭裁判所から検認の期日が通知されます。検認当日は、相続人の立ち会いのもと、遺言書の内容が確認されます。

 




弁護士、法律相談、まずはお気軽にお問合せください。
札幌市,小樽市,岩見沢市,苫小牧市,千歳市,室蘭市,旭川市,函館市,北見市,帯広市,網走市,釧路市,稚内市,根室市,富良野市,名寄市,留萌市,紋別市, その他の北海道内の市町村,近隣各県

0120-481-744




無料法律相談24時間受付中

前田法律事務所

〒060-0061
札幌市中央区南1条西11-1
コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「11丁目」
2番出口徒歩45秒

メルマガ

HBC・北海道放送 北のビジネス
最前線に出演いたしました。

何かがある前に知っておくべき法律相談
採用情報