相続税の納税義務 | 札幌の弁護士なら「前田尚一法律事務所」

相続税の納税義務

Close


相続法律相談札幌弁護士

 

相続税の納税義務

 

相続税の納税義務者は、どういった人になるのでしょうか?
相続人や相続財産の所在地によって、相続税がかかったり、かからなかったりします。

 

居住無制限納税義務者

相続又は遺贈により財産を取得した個人で、財産を取得した時において国内に住所がある者が居住無制限納税義務者となります。
居住無制限納税義務者の場合には、相続又は遺贈により取得した財産の全部に対し、相続税が課税されます
(海外にある資産についても相続税の対象となります。)。

 

非居住無制限納税義務者

相続又は遺贈により財産を取得した個人で、次に該当する者が非居住無制限納税義務者となります。

非居住無制限納税義務者の場合には、相続又は遺贈により取得した財産の全部に対し、相続税が課税されます
(海外にある資産についても相続税の対象です。)。

 

制限納税義務者

相続又は遺贈により財産を取得した個人で、国内に住所がなく、非居住無制限納税義務者に該当しない者が制限納税義務者です。
制限納税義務者の場合には、相続又は遺贈により取得した財産で日本国内にあるものに対して、相続税が課税され、海外にあるものについては、課税されません。

 

特定納税義務者

相続又は遺贈により財産を取得しなかった者であっても、相続時精算課税により贈与されている場合には、その贈与を受けた財産については納税義務があります。

 




弁護士、法律相談、まずはお気軽にお問合せください。
札幌市,小樽市,岩見沢市,苫小牧市,千歳市,室蘭市,旭川市,函館市,北見市,帯広市,網走市,釧路市,稚内市,根室市,富良野市,名寄市,留萌市,紋別市, その他の北海道内の市町村,近隣各県

0120-481-744




無料法律相談24時間受付中

前田法律事務所

〒060-0061
札幌市中央区南1条西11-1
コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「11丁目」
2番出口徒歩45秒

メルマガ

HBC・北海道放送 北のビジネス
最前線に出演いたしました。

何かがある前に知っておくべき法律相談
採用情報