遺産分割協議が整わなかったとき | 札幌の弁護士なら「前田尚一法律事務所」

遺産分割協議が整わなかったとき

Close


相続法律相談札幌弁護士

    遺産分割協議が整わなかったとき

    遺産分割画像何度話し合っても整わない場合や話し合いに応じない相続人がいたりする場合には、家庭裁判所の遺産分割の調停を利用することができます。この調停は、相続人のうちの1人もしくは何人かが他の相続人全員を相手方として申し立てるものです。

     

    調停手続では、当事者双方から事情を聴いたり、必要に応じて資料等を提出してもらったり、遺産について鑑定を行うなどして事情をよく把握したうえで、各当事者がそれぞれどのような分割方法を希望しているか意向を聴取し、解決案を提示したり、解決のために必要な助言をし、合意を目指し話合いが進められます。

     

    なお、話合いがまとまらず調停が不成立になった場合には自動的に審判手続が開始され、家事審判官(裁判官)が、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮して、審判をすることになります。

     


    

    弁護士、法律相談、まずはお気軽にお問合せください。
    札幌市,小樽市,岩見沢市,苫小牧市,千歳市,室蘭市,旭川市,函館市,北見市,帯広市,網走市,釧路市,稚内市,根室市,富良野市,名寄市,留萌市,紋別市, その他の北海道内の市町村,近隣各県

    0120-481-744



    
    無料法律相談24時間受付中

    前田法律事務所

    〒060-0061
    札幌市中央区南1条西11-1
    コンチネンタルビル9階
    地下鉄東西線「11丁目」
    2番出口徒歩45秒

    メルマガ

    HBC・北海道放送 北のビジネス
    最前線に出演いたしました。

    何かがある前に知っておくべき法律相談
    採用情報