遺言を行った方がいい場合 | 札幌の弁護士なら「前田尚一法律事務所」

遺言を行った方がいい場合

Close


相続法律相談札幌弁護士

遺言を行った方がいい場合

 

遺言書の作成を迷っている財産がある限り遺言書を作成するメリットはありますが、特に遺言が必要なケースとして、下記の項目に該当するという方は財産の多い少ないに限らずに作成されることをお勧めします。

1.子供がいない場合
相続が発生した段階でご両親が他界している場合には法定相続分は配偶者は4分の3ですが 、兄弟姉妹にも4分の1の相続分があります。

 

2.配偶者の方が先に他界していて、遺産相続をすでにしている場合

 

3.子供の相続分に差をつけたい場合
長男は色々家の面倒を見てくれたからなど

 

4.相続財産の主が不動産の場合
不動産など均等に分けるのが難しいものは、相続人を個別に指定した方がいい場合もあります。

 

5.相続人以外に財産を分けてあげたい場合
お嫁さんには相続権がありませんが「献身的に介護してくれたから長男の相続分とは別に遺してあげたい」場合やお世話になった方へ遺したい場合は遺贈として記します。

 

6.熟年結婚(再婚)の場合
前妻、前夫との間のお子さん達との間で相続争いになるケースも増えており、結婚(再婚)された方の生活も保障し、お子さん達の不平不満も少なくする遺言書の作成が必要です。

 

7.内縁の妻(夫)である場合
入籍をしない、出来ない場合は遺言書の用意が重要です。

 

8.相続人の方がいない場合 
せっかく残したご自身の財産の行方はご自身で決めておく事で安心できると思います。

 

9.寄付を行いたい場合
家族同様に暮らしてきたペットの行く末が心配な場合

 

遺言書作成依頼の実情

 

遺言件数の推移いままで記載してきたように、身内が無くなってしまった時の問題を少し知って頂いたかと思います。そうすると当然、自分が亡くなった後のことが心配がある事も考えられるかと思います。
以下のような心配がある方は今のうちに遺言書を作成しておく必要があります。

 

このような自分の意思を残したいという方が急増しています。
グラフを見ていただいても分かるように、公証役場での遺言公正証書の作成件数は7万件を超え、25年前の昭和56年の約2倍となっておりその後も増加傾向がみられます。

 

遺言書の作成を迷っている

 

 

遺言の書き方遺言の方式遺言を見つけた時

 




弁護士、法律相談、まずはお気軽にお問合せください。
札幌市,小樽市,岩見沢市,苫小牧市,千歳市,室蘭市,旭川市,函館市,北見市,帯広市,網走市,釧路市,稚内市,根室市,富良野市,名寄市,留萌市,紋別市, その他の北海道内の市町村,近隣各県

0120-481-744




無料法律相談24時間受付中

前田法律事務所

〒060-0061
札幌市中央区南1条西11-1
コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「11丁目」
2番出口徒歩45秒

メルマガ

HBC・北海道放送 北のビジネス
最前線に出演いたしました。

何かがある前に知っておくべき法律相談
採用情報