家賃滞納|建物明渡・立退明渡 | 札幌の弁護士なら「前田尚一法律事務所」

家賃滞納|建物明渡・立退明渡

Close


債権回収札幌弁護士

 

建物明渡・立退明渡

建物明渡・立退明渡家賃・管理費を滞納する賃借人につきましては、賃貸借契約の解除を行い、その後建物から立ち退かない賃借人に対しては建物明渡請求を行うことができます。

 

建物明渡請求とは、家賃の長期滞納者に対して建物賃貸借契約を解除し、建物の明渡を求めるものとなります。
これを行わずに勝手に錠前を替えて部屋に入れなくしたり、強制的に追い出したりすることは」違法になりますので、賃借人から物件を返還してもらうには建物明渡請求を行ってください。

 

賃貸借契約の解除

賃料の不払いを原因として賃貸借契約を解除するためには、賃貸人と賃借人との間の信頼関係の破壊が起こるような契約違反がなければなりません。
一般的には3か月以上の不払いが信頼関係の破壊が起こるとされています。
また、賃貸借契約を解除するには賃貸人に対し期間を定めて支払の催告をし、それに応じなかった場合となります。

 

建物明渡請求

上記の手続きにより賃貸借契約を解除したにも関わらず賃借人が立ち退かず、不法占拠を続けている場合は、建物明渡請求訴訟を起こす事が可能です。

 

立ち退きに関しては話し合いで解決することもありますが、賃貸借契約を解除された賃借人は引っ越し費用などを用意できずになかなか立ち退かない場合があります。

 

この様な場合には訴訟により強制執行を申し立て、強制的に建物を明け渡してもらう必要があります。

 




弁護士、法律相談、まずはお気軽にお問合せください。
札幌市,小樽市,岩見沢市,苫小牧市,千歳市,室蘭市,旭川市,函館市,北見市,帯広市,網走市,釧路市,稚内市,根室市,富良野市,名寄市,留萌市,紋別市, その他の北海道内の市町村,近隣各県

0120-481-744




無料法律相談24時間受付中

前田法律事務所

〒060-0061
札幌市中央区南1条西11-1
コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「11丁目」
2番出口徒歩45秒

メルマガ

HBC・北海道放送 北のビジネス
最前線に出演いたしました。

何かがある前に知っておくべき法律相談
採用情報