遺産分割協議のタイミング | 札幌の弁護士なら「前田尚一法律事務所」

遺産分割協議のタイミング

Close


相続法律相談札幌弁護士

遺産分割協議のタイミング

    遺産分割画像人が亡くなった場合、3日程度で通夜・葬儀を行い、埋葬することになります。
    親族などは、役所に対して、亡くなってから7日以内に、死亡届を出さなければなりません。
    そして、この死亡届には、医師の死亡診断書もしくは死体検案書を提出することが求められます。

     

    ここで、亡くなられた方を埋葬するには、役所の許可が必要になります。この許可を得るためには死亡届を行っておく必要があるのです。埋葬は、死亡直後24時間以内に行ってはいけません。

     

    そして、生命保険の受け取りなどには死亡診断書の提出が求められます。

     

    このように、死後バタバタと行わなければいけない手続があるため、通常四九日法要が終了し、忌明けを迎えてから遺産分割の話合いを行うことが一般的とされています。
    亡くなられた直後に、遺産分割についての話を持ち出すと不謹慎だと思われますし、遺産分割の話し合いの妨げになる可能性もるため注意が必要です。

     


    

    弁護士、法律相談、まずはお気軽にお問合せください。
    札幌市,小樽市,岩見沢市,苫小牧市,千歳市,室蘭市,旭川市,函館市,北見市,帯広市,網走市,釧路市,稚内市,根室市,富良野市,名寄市,留萌市,紋別市, その他の北海道内の市町村,近隣各県

    0120-481-744



    
    無料法律相談24時間受付中

    前田法律事務所

    〒060-0061
    札幌市中央区南1条西11-1
    コンチネンタルビル9階
    地下鉄東西線「11丁目」
    2番出口徒歩45秒

    メルマガ

    HBC・北海道放送 北のビジネス
    最前線に出演いたしました。

    何かがある前に知っておくべき法律相談
    採用情報