債務整理の方法|個人再生とは① | 札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」

債務整理の方法|個人再生とは①

Close

個人再生とは

 

 

 

には個人再生が良い方法かもしれません。

 

0120-481-744

 

個人再生は、次に述べるように、借金の総額を大幅に減額してもらう制度です。ただし、全ての債権者を平等に同じ割合で減額することになるのが原則です。
しかし、住宅に担保をつけた住宅ローンの場合、減額した金額しか返済しなければ、債権者に担保を実行されて住宅を手放さなければならない事態になってしまいます。
そこで、住んでいる住宅を守るため、個人再生手続きでは、一定の条件を満たすと、住宅ローンを優遇して支払うことができることになっています。

任意整理は、大幅に膨らんでいる借金を利息制限法に基づく引き直し計算して圧縮した金額を分割で支払う方法です。

しかし、個人再生は大幅に膨らんでしまった借金を利息制限法に基づく、引き直し計算して圧縮した金額を更に5分の1(多くの場合)にして、原則3年間で支払うという方法です。

借金総額(住宅ローンを除いて、利息制限法に基づく引き直し計算をした額)が多くの場合、5分の1になります(借金総額が500万円以上5000万円以下の場合)。

 

※5分の1にした金額が100万円以下になったとしても、100万円は支払わなければならない
※詳細は別表参照

例:サラ金から600万円を借りていて、住宅ローンで毎月5万円を払っている場合

 

この制度はたとえ、借金総額が5分の1になったとしても、5分の1になった額を3年間で完済することが原則です。したがって、返済能力がないと判断されると認められません。例えば、無職の場合には認められません。

しかし、借金が5分の1になる場合であっても、その返済もありますし、住宅を守るためにはそれに加えて住宅ローンの返済もあるのです。

個人再生をしたとしても、本当に支払っていけるのかどうかをしっかりと見極めることが重要になります。どの方法があなたに一番良いかの見極めは難しいです。

しかし、あなたの詳しい状況を聞いて、どのような方法にするのが一番良いかを法律相談でアドバイスさせていただくことができます。先ずは法律相談にお越しください。

 

0120-481-744

 

別表:借金の総額と個人再生により返済する最低金額

借金の総額(住宅ローンの金額は含まない) 個人再生手続により返済する最低金額
100万円未満 その債務総額
100万円以上500万円未満 100万円
500万円以上1,500万円未満 債務総額の5分の1
1,500万円以上3,000万円以下 300万円
3,000万円を超え5,000万円以下 債務総額の10分の1

※所有している財産の金額によっては、返済する最低金額が、上記の金額以上になる場合があります。 但し、注意しなければいけないのは、収入要件等が厳しく定められているため、その条件を満たしている方のみが可能な手続となっています。

 

 

「債務整理」に関する弁護士費用(税別)

内容 着手金 成功報酬 備考
自己破産 300,000円 なし 借金をゼロにしてもらう手続
任意整理 30,000円
×
債権者数
なし サラ金流計算を法律に従った計算でやり直して借金総額を減らしたうえ、分割などで払いやすくする方法
個人再生 300,000円 なし さらに、借金総額を5分の1に減額したうえ、3年間で払えるようにするのが基本
過払い請求 完済している場合は
0円
現実に回収した額の21% サラ金流計算を法律に従った計算でやり直して、サラ金から払いすぎ分を取り戻します

 

0120-481-744

 

 

 

 債務整理全般についてのお客さまの声は、こちらからどうぞ。

 




弁護士、法律相談、まずはお気軽にお問合せください。
札幌市,小樽市,岩見沢市,苫小牧市,千歳市,室蘭市,旭川市,函館市,北見市,帯広市,網走市,釧路市,稚内市,根室市,富良野市,名寄市,留萌市,紋別市, その他の北海道内の市町村,その他の北海道内の市町村,近隣各県

0120-481-744




無料法律相談24時間受付中

前田法律事務所

〒060-0061
札幌市中央区南1条西11-1
コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「11丁目」
2番出口徒歩45秒

メルマガ

HBC・北海道放送 北のビジネス
最前線に出演いたしました。

何かがある前に知っておくべき法律相談
採用情報