札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」|過払い、相続、離婚、企業法務、法律相談は札幌弁護士.comへ

契約書作成の際の注意事項|札幌弁護士.com - 札幌の弁護士|前田尚一法律事務所

札幌弁護士.com  前田尚一法律事務所がお届けする『知っ得【法律】情報』-vol.3-

契約書作成の際の注意事項  

契約は「口約束」でも成立します。

 

 なので、本来、契約が成立するためには法律で定められている場合を除いて(例えば、民法446条2項では保証契約は書面でしなければならないと定められています)、契約書がなければ契約が成立しないということはありません。

 

 しかし、何かトラブルが起こったときには、契約書は非常に重要な役割を果たします。

 

契約書

 

そこで、契約書を作成する際の、重要なポイントを弁護士の立場から解説します。

契約書作成の際の重要ポイント !

1. 契約書は誰にでもわかる内容でなければならない

1点目ですが、契約書は誰にでもわかる内容でなければならないという意味で、「酔っ払ったおっさんが拾っても内容がわかるものを目指せ」という格言があります。

つまり、「瑕疵」とか難しい言葉を使わなければ契約書として成り立たないというものではないので、誰が読んでもわかるものを目指せ、ということです。

 もし、契約を巡って裁判になった場合、契約書は中立の立場にいる裁判官が読んで意味が通じる物でなければ、かえって不利な内容で認定されてしまうことさえあります。難しい言葉を使った結果、意図していたことと逆の解釈がされてしまわないよう、酔っ払ったおっさんが道端で拾って読んでも内容が理解できるよう、わかりやすい日本語で書くことが必要です。

 

2. 約束した内容は必ず契約書に盛り込んでおく

2点目は、約束した内容は必ず契約書に盛り込んでおくことです。

例えば、契約書には重要なことだけ記載しておいて、その他のことについては「契約書には書くまでもないけど●●ということでよろしく」、とか、「今回は●●で」と、契約書には書かないで口頭で約束してしまう、というパターンです。

 ところが、後にこの「●●」の部分が争いになった場合には、契約書には記載がないので、証明することが難しくなります。

 

3. 簡素な契約書を目指すこと

3点目は、簡素な契約書を目指すことです。何でもかんでも契約書に盛り込もうとするとかえって内容が複雑になりややこしくなりますし、場合によっては契約書の内容自体が矛盾してしまったりすることがあります。

 もっとも,この3点目と2点目の調和が、契約書の作成においては困難を伴うところです。

 

 上記からすれば、契約書の作成は、1点目を目指しつつ、2点目と3点目の調和を図るという、難しい作業であることがわかると思います。

 なので、難しいと感じれば、契約書作成に慣れた弁護士にお願いするのが一番でしょう。

 

 



前田 尚一(まえだ しょういち)
前田尚一法律事務所 代表弁護士
出身地:北海道岩見沢市。
出身大学:北海道大学法学部。
主な取扱い分野は、交通事故、離婚、相続問題、債務整理・過払いといった個人の法律相談に加え、「労務・労働事件、クレーム対応、債権回収、契約書関連、その他企業法務全般」も取り扱っています。
30社以上の企業との顧問契約について、代表自身が直接担当し顧問弁護士サービスを提供。



弁護士、法律相談、まずはお気軽にお問合せください。
札幌市,小樽市,岩見沢市,苫小牧市,千歳市,室蘭市,旭川市,函館市,北見市,帯広市,網走市,釧路市, 稚内市,根室市,富良野市,名寄市,留萌市,紋別市, その他の北海道内の市町村,その他の北海道内の市町村,近隣各県



無料法律相談24時間受付中

前田法律事務所

〒060-0061
札幌市中央区南1条西11-1
コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「西11丁目駅」
2番出口徒歩45秒

メルマガ

HBC・北海道放送 北のビジネス
最前線に出演いたしました。

何かがある前に知っておくべき法律相談

タグ

コロナ セクハラ パワハラ 不倫 不動産 事業承継 交通事故 介護 任意整理 休業手当 住民訴訟 信用情報機関 個人再生 倒産 借地借家 借金 借金救済制度 借金返済 債務整理 債務整理と住宅ローン 債権回収 働き方改革 公正証書 内容証明郵便 内縁関係 内部告発 利息制限法 労働組合 労務問題 医療法人 協議離婚 原状回復 名誉棄損 名誉毀損 商標権 団体交渉 土地区画整理 土地相続 売掛金 多重債務 家庭裁判所 家賃滞納 年金分割 引渡し 強制執行 後遺障害 慰謝料 損害賠償 敷金 明渡請求 時効 未払い残業代請求 根保証 死亡事故 民事再生法 法定相続 浮気 特別の寄与 特養老人ホーム 相続 相続人 相続人の範囲 相続放棄 相続法 相続税 知的財産権 社会福祉法人 立ち退き 立退料 自己破産 自筆証書遺言 裁判 裁判離婚 親権 解雇 調停離婚 請求書 財産分与 賃借人 賃貸人 返済 連帯保証 過払い金請求 遺産分割 遺留分 遺言 遺言書 遺言書保管法 配偶者 配偶者居住権 配偶者短期居住権 離婚 離婚協議書 非嫡出子 面会交渉権 預貯金の払戻し 顧問弁護士 養育費 B型肝炎 C型肝炎
電話フリーダイヤル24時間 相談の流れ 申し込みフォーム