アメリカにおける“戦略訴訟|札幌 弁護士.com | 札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」

アメリカにおける“戦略訴訟|札幌 弁護士.com

Close

札幌弁護士.com  前田尚一法律事務所がお届けする『知っ得法律情報』-vol.56-

アメリカにおける“戦略訴訟

 

アメリカでは,企業の訴訟対策費は売上げの3%程度といわれる

アメリカでは,企業の訴訟対策費は売上げの3%程度といわれる。これを超えると企業倒産に至るともいわれる。日本の前の消費税の税率と同じだ。
 もっとも,訴訟対策費が消費税相当分にも及ぶのは,とんでもない賠償を請求されることがあるためだけではなく,アメリカの企業が,訴訟を経営的観点から戦略的に利用することは当然と考えていることも大きな原因と考えられる。

 

 このような企業や社会の需要に応じ,アメリカには,企業法務専門の法律事務所(「ロー・ファーム」)がある。弁護士費用は時間制であり(「タイムチャージ制」),高額設定である。一つの法律事務所が弁護士1000人を擁(よう)することもまれではない(ちなみに,札幌市内の弁護士数は全体で300人強である。)。

 

そして,訴訟に勝つというニーズに応えるため,訴訟コンサルタント会社(「ジュリー・コンサルタント」)が繁盛しているそうである。証人尋問で陪審員(「ジュリー」)の感情を損(そこ)ねず,同情を得るため,当日着る服装についてまで徹底したアドバイスとリハーサルを行われるとのこと。
 ちなみに,日本人の証人は,よく「ニヤニヤするな。」とアドバイスを受けるそうだ。日本人からすれば,余計なお世話であるが,日本人の表情は,今はやりの「グローバル・スタンダード」には合わないようだ。  実際の陪審員と人種,職業,性格等類似の者を集めて実際に評決までをさせる模擬裁判を行い,シュミレーションをすることもあるそうである。模擬裁判の費用は,1回あたり5万ドルが相場ともいわれる。

 

アップル社さえも実質的な傘下におさめたマイクロソフト社の総帥(そうすい)ビル・ゲイツ(Bill Gates)が,企業を発展させていく過程で,いかに多くの戦略的な訴訟を行っていたかは今や公知な話だ(彼の父親は弁護士だそうだ。全く関係ないと思うが,“ビルbill”には「訴状」という意味もある。)。

 


弁護士、法律相談、まずはお気軽にお問合せください。
札幌市,小樽市,岩見沢市,苫小牧市,千歳市,室蘭市,旭川市,函館市,北見市,帯広市,網走市,釧路市,稚内市,根室市,富良野市,名寄市,留萌市,紋別市, その他の北海道内の市町村,その他の北海道内の市町村,近隣各県



無料法律相談24時間受付中

前田法律事務所

〒060-0061
札幌市中央区南1条西11-1
コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「11丁目」
2番出口徒歩45秒

メルマガ

HBC・北海道放送 北のビジネス
最前線に出演いたしました。

何かがある前に知っておくべき法律相談
採用情報