今ひとつ,「コンプライアンス」の意味がピンとこない!? - 弁護士・前田尚一法律事務所|札幌 | 札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」

今ひとつ,「コンプライアンス」の意味がピンとこない!? - 弁護士・前田尚一法律事務所|札幌

Close

札幌弁護士.com  前田尚一法律事務所がお届けする『知っ得【法律】情報』-vol.28-

今ひとつ,「コンプライアンス」の意味がピンとこない!?

 先日,で,個人情報の価値を流出した企業側のトンデモナイ結末や逆の事例などをご紹介いたしました。
 ⇒ 個人情報の流出と企業のトンデモナク重い責任と災いを福に転じた例

 

 このお話は,ますます重要視されるようになった「コンプライアンス」にかかわることなのですが,今ひとつ,「コンプライアンス」の意味がピンとこない方が多いようなので,ほんのさわりだけご説明いたします。

 

 さて,日本では,「法令遵守」と意味で用いられています。この場合,法令という言葉には,法律だけではなく,広く倫理・道徳などの社会的規範も含んで使われるのが通例です。

 

 コンプライアンスは,各人の遵法精神を期待し,「法令遵守」を唱えるというだけではなく,現実に法令が遵守されている状態を継続するために,ルール,体制,手段を整えるなど有効な仕組み作りを実施することまでも含む考え方なのです。

法律などを守らなければならないことは,言うまでもない当たり前のことです。しかし,現場は現実を優先しがちですから,外部の温度差があり,回避するための仕組みが必要なのです。

 

なぜコンプライアンスが重要視されるのでしょうか

 

 背景を理解すると分かりやすいと思います。
特に2000年以降,消費者や投資家の被害が意識されるような企業の不祥事が多発しました。企業の違法行為・背信的行為に対する社会の目が厳しさを増し,社会の意識は大きく変化しました。このような中で,企業にとって,利益優先で活動することはかえってリスクが大きくする一方,法令遵守を実現する企業は,その企業価値を高めることになる状況となったのです。

 

 個人情報流出事件として,51万人分の顧客リストが社外へ流出したジャパネットたかたの事案が有名です。同社の売上げは,前年705億円でしたが,この事件が起きた2004年には663億円にまで落ち込みました。しかし,同社の売上げは2006年には1000億円を超え,2008年には1371億円となっています。同社は,事件発覚後,テレビや新聞で謝罪を繰り返し続
け、消費者に対し適切な対応をしたことが評価されており,かえって企業イメージを向上させた好例です。

 

 このような背景の中で,コンプライアンスが重要視されるのは,今日,一旦不祥事を起こした場合の企業責任は極めて大きなものであって,企業の存立さえもおびやかしかねないものであるということです。企業が不祥事を引き起こした場合の責任としては,民事責任,刑事責任,行政責任といった法的責任が考えられます。今日では,一旦不祥事が発覚すると,社会的責任や道義的責任までも徹底して追及されることになります。引責辞任はもとより風評被害といった社会的制裁に及ぶことも少なくありません。雪印集団食中毒事件を発端としてグループの解体・再編を余儀なくされた雪印企業グループの例は衝撃的なことでした。

 

 しかも,企業自体または担当者が思っている以上に,不祥事が発覚しやすくなっているという現状にあることも重要でしょう。もちろん発覚しなければよいという意味ではありませんが,外部の監視の目が厳しくなっていることに加え,公益通報者保護法が施行されたとおり,内部告発を原則的に正当化するのが現在の流れなのです。

 

 なお,このように考えると,現実に法令が遵守されている状態を継続する仕組みの中には,場合に,損害を最小限に抑えるための対応としては,記者会見・謝罪・説明,リコールなどの在り方も含まれることになるでしょう。

 


弁護士、法律相談、まずはお気軽にお問合せください。
札幌市,小樽市,岩見沢市,苫小牧市,千歳市,室蘭市,旭川市,函館市,北見市,帯広市,網走市,釧路市,稚内市,根室市,富良野市,名寄市,留萌市,紋別市, その他の北海道内の市町村,その他の北海道内の市町村,近隣各県



無料法律相談24時間受付中
札幌弁護士.com 弁護士による社外監査・社外取締役

前田法律事務所

〒060-0061
札幌市中央区南1条西11-1
コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「西11丁目駅」
2番出口徒歩45秒

メルマガ

HBC・北海道放送 北のビジネス
最前線に出演いたしました。

何かがある前に知っておくべき法律相談
採用情報

タグ

C型肝炎訴訟 アメリカ コロナ コンプライアンス セクハラ パワハラ ペット リスクマネジメント 不倫 不動産 事業継承 交通事故 介護 任意整理 企業法務 休業手当 住民訴訟 信用情報機関 個人再生 倒産 借地 借家 借金 債務整理 債務整理と住宅ローン 債権回収 働き方改革 公正証書 内容証明郵便 内縁関係 内部告発 判例 利息制限法 労働組合 労務問題 医療法人 協議離婚 司法書士と弁護士 名誉棄損 商号 商標権 土地区画整理 土地相続 売掛金 契約書 家庭裁判所 家賃滞納 少額訴訟 年金分割 弁護士費用 強制執行 慰謝料 手続き 損害賠償 敷金 新会社法 時効 書面雛形 札幌弁護士 根保証 死亡事故 民事再生法 民事裁判 民法 法定相続 浮気 特許訴訟 特養老人ホーム 相続 相続の放棄 相続人 相続人の範囲 相続税 知的財産権 自己破産 裁判 裁判離婚 親権 解雇 証拠 調停離婚 請求書 財産分与 賃借 賃貸 賠償金 連帯保証 過払い金 遺失物 遺産分割 遺言書 雑記 離婚 離婚協議書 離婚後の戸籍 非嫡出子 非正規 面会交渉権 顧問弁護士 養育費