不倫相手へ請求できない?慰謝料の誤解と「時間差時効」の落とし穴 - 前田尚一法律事務所 | 札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」

不倫相手へ請求できない?慰謝料の誤解と「時間差時効」の落とし穴 - 前田尚一法律事務所

Close

前田尚一法律事務所がお届けする『法律ワンポイントレッスン』ver2-vol.14

不倫相手へ請求できない?慰謝料の誤解

 

法律相談|ほっかいどうデータベース|財界札幌 (前田尚一・執筆・対談)掲載記事より

 

2019年2月19日、最高裁判所は判決で「夫婦の一方は、他方と不貞行為に及んだ第三者に対し、特段の事情がない限り離婚に伴う慰謝料を請求することはできない」との判断を示しました。

 翌朝の各紙の見出しは、

「不倫相手には請求できず」「離婚慰謝料で最高裁初判断」と報じられました。

 離婚の原因となった不倫相手に、なぜ慰謝料請求ができないのか疑問を持った方が多いようです。

ただ、最高裁は離婚の原因となった不倫相手に対し、離婚したことについての慰謝料を請求できないと断言したわけではありません。

 

 そもそも離婚に関する慰謝料は2種類あります。

(1)離婚原因たる個別の有責行為により精神的苦痛に対する損害の賠償(離婚原因慰謝料)

(2)離婚により配偶者の地位を失うことから生じた精神的苦痛に対する損害の賠償(離婚自体慰謝料)です。

 

 それぞれ請求可能ですが、今回の判決で用いられた「離婚に伴う慰謝料」は(2)を差しています。

この慰謝料は、本来、夫婦間で決めるべき事柄である「離婚」そのものにフォーカスしたものです。

 例えば、離婚によって経済的、精神的に厳しい状況に追い込まれた妻に対し、そこで生じた不利益を慰謝料で是正するという構図です。

 

つまり、不貞行為の相手方に対する請求は「離婚させることを意図した上で、婚姻関係に対する不当な緩衝などによって夫婦を離婚に至らしめた」といえるような特段の事情がある場合に限られます。

 

これに対して(1)は個別の有責行為を問題とするわけですから、そのような制限はありません。

 

不定行為解消後も危険、時効にタイムラグ 

 では、なぜ最高裁は(2)だけを取り上げて判断したのか。

 

いずれの慰謝料請求も3年で時効となって消滅しますが

(1)は個々の不貞行為がはじまった時点から、
(2)は離婚成立の時からカウントとなります。

 

この事件では、相手方に慰謝料請求をした時点で、不貞行為が解消されてから既に3年以上経っていたため(2)を請求したのです。

 前述の記事には「今回は不倫慰謝料の請求権が時効(3年)で消滅していたため、時効が成立していない離婚慰謝料が争点になっていた」といった趣旨の説明がされていましたが、離婚に関する慰謝料が2種類あるということを理解していなければ、この説明だとわかりにくいですね。

 

また、読者の多くは見出しだけを見るわけですから、きちんと報道されていたとしても誤解を生じかねません。

 少なくとも、自分の現実に降りかかる法律問題についてはきちんと専門家に相談しないと、後悔することになりそうですね。

 

 

前田尚一法律事務所は
離婚した方が幸せになれる女性のサポートをしています。

クリック

札幌弁護士離婚問題

 


弁護士、法律相談、まずはお気軽にお問合せください。
札幌市,小樽市,岩見沢市,苫小牧市,千歳市,室蘭市,旭川市,函館市,北見市,帯広市,網走市,釧路市,稚内市,根室市,富良野市,名寄市,留萌市,紋別市, その他の北海道内の市町村,その他の北海道内の市町村,近隣各県



無料法律相談24時間受付中
札幌弁護士.com 弁護士による社外監査・社外取締役

前田法律事務所

〒060-0061
札幌市中央区南1条西11-1
コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「11丁目」
2番出口徒歩45秒

メルマガ

HBC・北海道放送 北のビジネス
最前線に出演いたしました。

何かがある前に知っておくべき法律相談
採用情報

タグ

C型肝炎訴訟 アメリカ コロナ コンプライアンス セクハラ パワハラ ペット リスクマネジメント 不倫 不動産 事業継承 交通事故 介護 任意整理 企業法務 休業手当 住民訴訟 信用情報機関 個人再生 倒産 借地 借家 借金 債務整理 債務整理と住宅ローン 債権回収 働き方改革 公正証書 内容証明郵便 内縁関係 内部告発 判例 利息制限法 労働組合 労務問題 医療法人 協議離婚 司法書士と弁護士 名誉棄損 商号 商標権 土地区画整理 土地相続 売掛金 契約書 家庭裁判所 家賃滞納 少額訴訟 年金分割 弁護士費用 強制執行 慰謝料 手続き 損害賠償 敷金 新会社法 時効 書面雛形 札幌弁護士 根保証 死亡事故 民事再生法 民事裁判 民法 法定相続 浮気 特許訴訟 特養老人ホーム 相続 相続の放棄 相続人 相続人の範囲 相続税 知的財産権 自己破産 裁判 裁判離婚 親権 解雇 証拠 調停離婚 請求書 財産分与 賃借 賃貸 賠償金 連帯保証 過払い金 遺失物 遺産分割 遺言書 雑記 離婚 離婚協議書 離婚後の戸籍 非嫡出子 非正規 面会交渉権 顧問弁護士 養育費