札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」|過払い、相続、離婚、企業法務、法律相談は札幌弁護士.comへ

「借金救済制度」「借金救済措置」「減額制度」「救済支援策」広告の意味 - 札幌弁護士|前田尚一法律事務所

NEWS
お知らせ・新着情報

「借金救済制度」「借金救済措置」「減額制度」「救済支援策」広告の意味

 最近、「借金救済制度」「借金救済措置」「減額制度」「救済支援策」といった言葉を用い、「リボ払い」等の借金・多重債務などを例に、借金減額をうたって、「借金減額シミュレーション」などといった言葉で無断診断を勧誘するネット広告がよく見られます。

 中には、「2022年 救済支援策のご案内」などという文句が掲げられているものもあり、借金救済を目的とする新たな法律制度が制定されたのかと思われるかもしれません。

 しかし、そのような新しい制度は制定されておらず、「借金返済」、「債務整理」といえば、従来どおり、次の仕組みが定番です。

借金問題を解決する上での五つの解決方法

 1)自己破産裁判所で借金をゼロにしてもらう手続き。詳しくはこちら
 2)任意整理サラ金流計算を法律に従った計算でやり直して借金総額を減らすなどしたうえ、分割などで払いやすくする方法。詳しくはこちら
 3)個人再生:裁判所で、さらに借金総額を5分の1に減額したうえ、3年間~5年間で払えるようにしてもらう手続き。詳しくはこちら
 4)特定調停
 5)過払い金請求サラ金流計算を法律に従った計算でやり直して、サラ金から払いすぎ分を取り戻す方法。詳しくはこちら

 

 もっとも、厚生労働省の「生活福祉資金貸付制度」がありますが、これは、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、貸付の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた、緊急小口資金等の特例貸付を実施するものです。

 この「借金救済制度」等の言葉を用いたネット広告の多くは、弁護士以外の事務所などで広告をしているようです。
 弁護士に依頼した場合のメリットなどはこちらをご確認ください。

 

 借金問題を円満に解決するため、弁護士の協力が必要不可欠です。弁護士の介入により、しっかり準備をしたうえで借金救済・多重債務整理の手続きを行なうことができます。
 まずは、一度、弁護士の無料相談をされることをお勧めします。

 

 借金問題・多重債務問題については、当事務所でも、積極に対処しています。

  任意整理・自己破産・個人再生については、こちら
  過払い金請求についてはこちら

タグ

コロナ セクハラ パワハラ リスクマネジメント 不倫 不動産 事業承継 交通事故 介護 任意整理 企業法務 住民訴訟 信用情報機関 個人再生 倒産 借地 借地借家 借家 借金 借金救済制度 借金救済措置 借金返済 債務整理 債権回収 公正証書 内容証明郵便 内縁関係 内部告発 判例 利息制限法 労働組合 労務問題 医療法人 協議離婚 司法書士と弁護士 名誉棄損 名誉毀損 土地区画整理 土地相続 売掛金 多重債務 実績・裁判例 家庭裁判所 家賃滞納 年金分割 弁護士費用 強制執行 慰謝料 手続き 損害賠償 支払い 敷金 時効 書面雛形 札幌弁護士 根保証 死亡事故 毎日新聞 民事再生法 民法 法定相続 浮気 減額制度 特養老人ホーム 相続 相続の放棄 相続人 相続人の範囲 相続税 社会福祉法人 立ち退き 立退料 自己破産 裁判離婚 親権 解雇 調停離婚 請求書 財産分与 賃借 賃貸 返済 連帯保証 過払い金 過払い金請求 過払金請求 過払金返還請求 過払金返還請求訴訟 遺産分割 遺言 遺言書 雑記 離婚 離婚後の戸籍 非嫡出子 面会交渉権 顧問弁護士 養育費 B型肝炎 C型肝炎