札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」|過払い、相続、離婚、企業法務、法律相談は札幌弁護士.comへ

「B型肝炎訴訟、札幌地裁が棄却」 - 札幌弁護士|前田尚一法律事務所

NEWS
お知らせ・新着情報

「B型肝炎訴訟、札幌地裁が棄却」

B型肝炎訴訟の概要については、
こちらをご覧ください。

 

B型肝炎訴訟、起算点は「発症時」 札幌地裁、請求棄却
朝日新聞デジタル記事(2022年3月12日 10時00分)のタイトルです。

記事によると、

集団予防接種が原因のB型肝炎を20年以上前に発症した北海道内の男性2人が、国に損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、札幌地裁であった。広瀬孝裁判長は原告の請求を棄却し、「現在の法制度や過去の最高裁判決を考慮すると、このような判断をせざるを得ない」と述べた。」

「 原告側は発症後、しばらく経ってから症状が悪化したため、「治療を受けるなど新たな損害が生じた」と指摘。症状の悪化は現代医学では予想できず、起算点は「症状悪化が判明した時点」だと主張した。これに対し、被告側は「発症時」が起算点だとした。

 B型肝炎をめぐる訴訟では最高裁第二小法廷が昨年4月、再発した福岡県の原告2人について、起算点を「再発時」と認定。2人が再発したB型肝炎は発症時より悪質で特異なもので、再発のメカニズムも医学的に解明できず、「質的に異なる新たな損害」が再発によって生じたと判断した。」とのこと。

[参考]
乳幼児期に受けた集団予防接種等によってB型肝炎ウイルスに感染しHBe抗原陽性慢性肝炎の発症,鎮静化の後にHBe抗原陰性慢性肝炎を発症したことによる損害につきHBe抗原陰性慢性肝炎の発症の時が民法724条後段所定の除斥期間の起算点となると判事した最高裁令和3年4月26日判決の判決要旨は、次のとおりです。

乳幼児期に受けた集団予防接種等によってB型肝炎ウイルスに感染したX1及びX2が,HBe抗原陽性慢性肝炎の発症,鎮静化の後にHBe抗原陰性慢性肝炎を発症したことによる損害については,次の(1)~(5)など判示の事情の下においては,HBe抗原陽性慢性肝炎の発症の時ではなく,HBe抗原陰性慢性肝炎の発症の時が民法(平成29年法律第44号による改正前のもの)724条後段所定の除斥期間の起算点となる。
(1)X1は,昭和62年12月,HBe抗原陽性慢性肝炎を発症し,抗ウイルス治療によって,平成12年頃までにHBe抗原セロコンバージョン(HBe抗原陽性からHBe抗原陰性への転換)を起こして肝炎が鎮静化したが,平成19年12月頃,HBe抗原陰性慢性肝炎を発症した。
(2)X2は,平成3年1月,HBe抗原陽性慢性肝炎を発症し,抗ウイルス治療によって,平成12年頃までにHBe抗原セロコンバージョンを起こして肝炎が鎮静化したが,平成16年3月頃以降,HBe抗原陰性慢性肝炎を発症した。
(3)B型肝炎ウイルス持続感染者の多くは,無症候性キャリアから活動性肝炎となり,HBe抗原セロコンバージョンを起こして肝炎が鎮静化し,非活動性キャリアとなり,この段階に至れば,肝細胞がん等への進行リスクは低く,長期予後が良好となって,具体的な治療の必要がなくなることから,HBe抗原陽性慢性肝炎においては,目指すべき短期目標をHBe抗原セロコンバージョンとして抗ウイルス治療がされる。
(4)HBe抗原陽性慢性肝炎の発症後,HBe抗原セロコンバージョンによりHBe抗原陰性となり,非活動性キャリアとなったにもかかわらず,長期間が経過した後にHBe抗原陰性の状態でB型肝炎ウイルスが再増殖し,HBe抗原陰性慢性肝炎を発症する症例も10~20%は存在するところ,HBe抗原陰性慢性肝炎については,線維化進展例が多く,自然に寛解する可能性は低い。
(5)どのような場合にHBe抗原陰性慢性肝炎を発症するのかは,現在の医学ではまだ解明されていない。

 

B型肝炎訴訟の概要については、こちらをご覧ください。

タグ

コロナ セクハラ パワハラ ペット法律問題 リスクマネジメント 不倫 不動産 事業承継 事業承継 交通事故 介護 任意整理 企業法務 休業手当 住民訴訟 信用情報機関 個人再生 倒産 借地 借家 借金 債務整理 債務整理と住宅ローン 債権回収 働き方改革 公正証書 内容証明郵便 内縁関係 内部告発 判例 利息制限法 労働組合 労務問題 医療法人 協議離婚 司法書士と弁護士 名誉棄損 商号 商標権 土地区画整理 土地相続 売掛金 家庭裁判所 家賃滞納 少額訴訟 年金分割 弁護士 弁護士費用 強制執行 慰謝料 手続き 損害賠償 敷金 新会社法 明渡請求 時効 書面雛形 札幌弁護士 根保証 死亡事故 民事再生法 民事裁判 民法 法定相続 浮気 特許訴訟 特養老人ホーム 相続 相続の放棄 相続人 相続人の範囲 相続税 知的財産権 自己破産 裁判 裁判離婚 親権 解雇 証拠 調停離婚 請求書 財産分与 賃借 賃貸 連帯保証 過払い金 遺失物 遺産分割 遺言書 雑記 離婚 離婚協議書 離婚後の戸籍 非嫡出子 非正規 面会交渉権 顧問弁護士 養育費 B型肝炎 C型肝炎