札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」|過払い、相続、離婚、企業法務、法律相談は札幌弁護士.comへ

「B型肝炎再発で賠償命令 最高裁判断を初適用」 - 札幌弁護士|前田尚一法律事務所

NEWS
お知らせ・新着情報

「B型肝炎再発で賠償命令 最高裁判断を初適用」

B型肝炎訴訟の概要については、
こちらをご覧ください。

 

 

日本経済新聞2022年10月26日朝刊の記事のタイトルです。

被告である国が最大300万円と運用する場合について、東京地方裁判所が、1300万円の損害賠償額を認めたものです。

つまり、給付金等について法律で、
      *「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の至急に関する特別措置法」
      *「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の至急に関する特別措置法の一部を改正する法律」

■慢性肝炎                1250万円
 20年の除斥期間が経過した方で、
   ①現に治療を受けている方等については 300万円
   ②上記の方以外については       150万円
とされています。

そして、20年の「除斥期間」の起算点を「発症時」とするのが、国の見解でしたが、裁判所は、「再発時」とし、本件の3人の原告につき、20年の始まりを後ろにずらし、20年の除斥期間が経過していないことを前提に給付金を1250万円としたのです。なお、50万円は、その場合の訴訟手当金です(弁護士報酬の援助)。
この裁判所の考え方は、除斥期間が経過した場合に減額となる他の類型にも当てはまるものです。

つまり、
 ■死亡・肝がん・肝硬変(重度) 900万円 ⇒ 3600万円 
 ■肝硬変(軽度)      最大600万円 ⇒ 2500万円
 ■無症候性キャリア        50万円 ⇒  600万円

なお、いずれの場合も、弁護士に報酬を支払う場合は、各給付金額の4%の額が、訴訟手当金として別途支払われます。

B型肝炎訴訟の概要については、こちらをご覧ください。

タグ

コロナ セクハラ パワハラ ペット法律問題 リスクマネジメント 不倫 不動産 事業承継 事業承継 交通事故 介護 任意整理 企業法務 休業手当 住民訴訟 信用情報機関 個人再生 倒産 借地 借家 借金 債務整理 債務整理と住宅ローン 債権回収 働き方改革 公正証書 内容証明郵便 内縁関係 内部告発 判例 利息制限法 労働組合 労務問題 医療法人 協議離婚 司法書士と弁護士 名誉棄損 商号 商標権 土地区画整理 土地相続 売掛金 家庭裁判所 家賃滞納 少額訴訟 年金分割 弁護士 弁護士費用 強制執行 慰謝料 手続き 損害賠償 敷金 新会社法 明渡請求 時効 書面雛形 札幌弁護士 根保証 死亡事故 民事再生法 民事裁判 民法 法定相続 浮気 特許訴訟 特養老人ホーム 相続 相続の放棄 相続人 相続人の範囲 相続税 知的財産権 自己破産 裁判 裁判離婚 親権 解雇 証拠 調停離婚 請求書 財産分与 賃借 賃貸 連帯保証 過払い金 遺失物 遺産分割 遺言書 雑記 離婚 離婚協議書 離婚後の戸籍 非嫡出子 非正規 面会交渉権 顧問弁護士 養育費 B型肝炎 C型肝炎