新型コロナウイルスに関する法律問題の相談を実施中:札幌の弁護士が対応・心構えをアドバイス(COVID-19) | 札幌弁護士|前田尚一(まえだしょういち)法律事務所

新型コロナウイルスに関する法律問題の相談を実施中:札幌の弁護士が対応・心構えをアドバイス(COVID-19) | 札幌の弁護士なら「前田尚一法律事務所」|過払い、相続、離婚、企業法務、法律相談は札幌弁護士.comへ

NEWSお知らせ・新着情報

Close

NEWS
お知らせ・新着情報

新型コロナウイルスに関する法律問題の相談を実施中:札幌の弁護士が対応・心構えをアドバイス(COVID-19)

 

会社経営者の方は,
「新型コロナウイルスに関する法律問題(労務問題など)の相談[企業側・使用者側]」
にどうぞ。
新型コロナウィルス緊急対策オンラインセミナー」を開催することにいたしました。
こちらからどうぞ。

 新型コロナウイルスの影響による社会の混乱と法律問題(COVID-19)

 コロナウイルスの影響で,世の中は混乱しています。これから様々な問題が発生しそうです。特に先送りしていた問題が一挙に吹き出してくる可能性もあります。
 個人生活の中で,抱えるさまざまな問題としては,次のような問題が想定されます。

 〇債務整理
  債務整理・借金問題でお悩みの方は、自分の考えばかりではなく,家族のことも踏まえ、個別に最適な解決方法を検討しなければなりません。

 〇交通事故
  交通事故被害者は、保険会社の言いなりに示談すると、損をすることが少なくありません。

 〇離婚
  離婚そのものの問題ばかりではなく,親権の獲得や,財産分与・慰謝料・養育費など金銭給付の問題も解決しなければなりません。

 〇相続
  遺産分割を有利に進めることに加え、借金を免れるため相続放棄のほか、生前に行う、有意義な遺言の作成など問題は多様です。

 〇不動産の売買・賃貸借
  売買にせよ、賃貸借にせよ、不動産の法律はなかなか難解であり、売主・買主、貸主・借主の立場に応じた熟慮が不可欠です。

 

 

 コロナウイルスに関する労務問題の使用者側・企業側における対応

 コロナウイルスに関する労務問題の対応について,使用者側(企業その他法人,個人事業主)を対象とした相談・アドバイスなどのサポートを,相談料初回無料で実施しています。
 相談の申込み方法・相談の流れについては,こちらをご覧ください。

 コロナウイルスに関して発生する労務問題の具体的内容,例えば,

  「コロナウイルスに感染した職員に対し,業務に就かないよう休業命令を発することができるのか否か。」
  「できるとすれば休業期間中の賃金,休業手当,休業補償を支払わなければならないのか。」
  「感染が確認される前に休業したり,個別に自宅待機を命ずる場合はどうか。」…………

 「自宅待機命令」などの問題に加え,「不満社員への対応」,「休業業補償や賃金不払いの説明」,「解雇リストラ」など様々な場面での対応が必要になりそうです。

 使用者側・企業側の対応についての解説は,まずは,こちらをご覧ください。

 

 

 コロナウイルスに関する企業法務全般

 労務問題以外でも,企業側・使用者側が直面する問題が増大する可能性が高いです。

 当事務所では,コロナウイルスに関する企業法務全般について,使用者側(企業その他法人,個人事業主)を対象とした相談・アドバイスなどのサポートを,相談料初回無料で実施しています。
 相談の申込み方法・相談の流れについては,こちらをご覧ください。

 企業側・使用者側が直面する問題としては,例えば,次のような問題が想定されます。

 〇取引
  「仕入れ調整」,「取引の停止,減少」など多様な場面への対処の必要が予想されます。
  債権回収消費者対策紛争の解決方法など諸々の切り口の理解が必要となります。

 〇契約
  「契約の停止,解約」,「契約条件の変更」,「違約金やキャンセル料,損害賠償金の調整」など多様な場面への対処の必要が予想されます。

 〇不動産
  特に,テナント・事業所の賃貸借において,「家賃延滞交渉」,「家賃の増減額調整」,「保証金,敷金への充当」,「支払い延滞交渉」,「明け渡し,退去調整」といった場面の対応が必要になりそうです。

 〇人事・労務
  「コロナウイルスに関する労務問題の使用者側・企業側における対応」のとおりです。では,キモに言及しましたが,

 〇企業倒産・破産
  会社をたたむタイミングを間違えると,取り返しのつかないことになります

 

 

 メンタルヘルス対策としてのEAP(従業員支援プログラム)

 企業経営者・管理者向としては,コロナウイルスの影響で困っている従業員のサポートも重大な責務です。

 従業員が,個人生活の中で,債務整理交通事故離婚相続不動産の売買・賃貸借などさまざまな法的問題を抱えることも少なくなく,そのために,メンタルヘルスに支障を来すことがあります。

 コロナウイルスの影響で困っている従業員の福利厚生としての有効活用である弁護士と協働で効果をあげるメンタルヘルス対策としてのEAP(従業員支援プログラム)については,こちらをご確認ください。