札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」|過払い、相続、離婚、企業法務、法律相談は札幌弁護士.comへ

会社を退職し未払残業代請求をお考えの方へ - 札幌の弁護士|前田尚一法律事務所

NEWS
お知らせ・新着情報

会社を退職し未払残業代請求をお考えの方へ

緊急案内

会社を退職し、未払残業代の請求を考えたり、迷っている方へ

 

 未払残業代請求の時効は、当分の間3年です! 

 また、特に中小企業の場合であれば、請求するタイミングによって、会社の資金繰り状況が影響し、実際に獲得できる未払残業代金の金額が大きく変わることがあります。
 一日も早く手をつけた方が得策です。

 なお、もちろん在職中であっても、残業代請求をすることは可能です。ただ、在職中である場合には、良い悪いはさておき、働きやすい環境で働くという観点から、会社との関係、人間関係も十分に考えて見る必要があります(在職中の残業代請求についてはこちら)。

 もちろん、退職者であっても、お世話になったこと、楽しかったことなど様々な会社との関係や人間関係もあったかもしれません。
 しかし、そうであっても、円満な関係が損なわれた状況で退職にいたったという方が多いでしょう。

 まずは、本来、法律的に請求できる権利の内容はどのようなものなのかを確認し、請求するかどうかを決めて遅くはありません。

 

 

1 未払残業代を請求できるのはどのような場合か

 会社に請求することができる残業代の未払があるかどうか、その額はいくらかということは、実際に働いた時間(労働時間)をきちんと確認し、関連する法律の定めに加え、判例・裁判例の考え方を基に、きっちりと計算してみないとわかりません。

 

 しかし、例えば次のような場合であれば、きちんと計算すると、未払残業代があることが少なくありません。

 

  ☑ 所定の就業時間を超えて働いた。

  ☑ 1日8時間を超えて働いた。

  ☑ 1週間で40時間を超えて働いた。

  ☑ 1週間で40時間で納まっているが、シフト勤務で、1日8時間を超えて働く日もあるが、働くのが8時間未満の日もあった。

  ☑ 午後10時~午前5時の間に働いていた。

  ☑ 休日に働いたが、休日労働に対する割増賃金が支給されない

  ☑ 「管理監督者」とされていた。

  ☑  定額残業代(固定残業代)の制度の支払があった。

 

 そのような場合、退職者としては、漠然とでも残業代の支払を受けていなかったのではないだろうかと思った場合は、まず可能な限りで未払残業代の有無お呼び金額を推測してみるのは、とても有益なことです。

 

 

2 会社側の反論にどう対応したらよいか

 退職者が、会社に対し、未払残業代の請求をしたり、未払残業代がないかどうかを確認するように求めると、次のようなさまざまな反論がされますのが通例です。

 

  「残業代は支給しないを同意していた」

  「基本給に残業代を含めて金額を決めていた」

  「管理職手当・精勤手当等の手当に残業代が含まれている」

  「歩合給を払っている」

  「年俸制にしている」

  「管理監督者である」

  「時間外に仕事を命じておらず、勝手に働いていた」

  「休憩していて仕事をしていない」

  「未払残業代があることの立証責任は、従業員側にある」

                                ・・・・・・・・・

 しかし、これらの反論は、裁判において、そもそも主張として通用しないか、少なくとも主張内容が制限されることがあるものばかりなのです。

 

 

3 手元に証拠らしい証拠がない!!

 未払残業代を請求して認められるためには、実際に働いた労働時間を画定されなければなりません。
 この点が争われるということになれば、タイムカード、出勤簿、勤務時間表、給与明細、源泉徴収票、雇用契約書、就業規則など、実際に働いた労働時間を裏付ける資料として必要となります。

 

 訴訟を起こし裁判で争うということになると、自分に有利な主張をする側が、その証明をしなければならないのが原則です(主張・立証責任)。

 つまり、残業代請求の主張・立証責任は、原則として労働者側にあることになります。

 そして、訴訟になる前であっても、未払残業代の請求をしたり、未払残業代がないかどうかを確認するように求めると、会社側は、「未払残業代があることの立証責任は、従業員側にある」と反論することがあります。

 

 しかし、退職者としては、未払残業代をを裏付ける資料を、元々持っていないか、一時手元にあったとしても捨ててしまったといったものばかりというのが実情でしょう。

 自分で残業代の計算のしようもないし、裏付ける資料もないということになると、残業代請求は、あきらめなければならないのでしょうか。

 

 実はそうではないのです。

 裁判所は、資料の多くは会社側にあること、労働時間を把握し管理するのは会社側の役割であるという観点から、労働者側の主張・立証責任を実質的に軽減しているのが実際です。

  また、会社側に一定の資料の提出を要求するという方法もあります。

 

 

4 弁護士に依頼するメリット

 以上のとおり、専門的な労働法の知識や交渉・訴訟スキルが必要ですが、まず未払残業代が発生していないか確認してみることは有意義です。
 手元に裏付け資料がないような場合であっても、これを補うことができる場合が少なくありません。

 まずは、労働法に詳しい弁護士に相談してみてください。

 

 前田尚一法律事務所は、これまで様々な種類の訴訟を始めとした法律紛争・トラブルに関わり、依頼者をサポートしてきました。

 30年を超える豊富な経験と実績を基づいた強みを生かして、法律を必要とする紛争の予防や解決に実践的に取り組んでいます。

 そして、労働問題については、これまで専ら経営者側・使用者側の立場で対応して参りました。
 ただ、顧問先など従来からお付き合いがある経営者以外の一見の経営者の方から相談を受けると、経営者の考え、やり方が「これは酷い」とか、「これは論外」という場合も多いのが実際でした。

 弁護士として数多く機械的に大量に応じて回転させる方法には賛成できず、対応できる数は限られることになるとは思います。
 しかし、経営者側・使用者側の対応は知り尽くしておりますので、個別に掘り下げて労働者側でのお手伝いをする考えです。

 

 現在、労働問題について、労働者側のみ相談料無料(初回60分まで)で対応しております。

 会社を退職し、残業代請求を考えたり、迷っている方は、今すぐ、お電話又はメールにて相談をお申し込みください。


前田 尚一(まえだ しょういち)
前田尚一法律事務所 代表弁護士
出身地:北海道岩見沢市。
出身大学:北海道大学法学部。
主な取扱い分野は、交通事故、離婚、相続問題、債務整理・過払いといった個人の法律相談に加え、「労務・労働事件、クレーム対応、債権回収、契約書関連、その他企業法務全般」も取り扱っています。
30社以上の企業との顧問契約について、代表自身が直接担当し顧問弁護士サービスを提供。



タグ

コロナ セクハラ パワハラ 不倫 不動産 事業承継 交通事故 介護 任意整理 休業手当 住民訴訟 信用情報機関 個人再生 倒産 借地借家 借金 借金救済制度 借金返済 債務整理 債務整理と住宅ローン 債権回収 働き方改革 公正証書 内容証明郵便 内縁関係 内部告発 利息制限法 労働組合 労務問題 医療法人 協議離婚 原状回復 名誉棄損 名誉毀損 商標権 団体交渉 土地区画整理 土地相続 売掛金 多重債務 家庭裁判所 家賃滞納 年金分割 引渡し 強制執行 後遺障害 慰謝料 損害賠償 敷金 明渡請求 時効 未払い残業代請求 根保証 死亡事故 民事再生法 法定相続 浮気 特別の寄与 特養老人ホーム 相続 相続人 相続人の範囲 相続放棄 相続法 相続税 知的財産権 社会福祉法人 立ち退き 立退料 自己破産 自筆証書遺言 裁判 裁判離婚 親権 解雇 調停離婚 請求書 財産分与 賃借人 賃貸人 返済 連帯保証 過払い金請求 遺産分割 遺留分 遺言 遺言書 遺言書保管法 配偶者 配偶者居住権 配偶者短期居住権 離婚 離婚協議書 非嫡出子 面会交渉権 預貯金の払戻し 顧問弁護士 養育費 B型肝炎 C型肝炎
電話フリーダイヤル24時間 相談の流れ 申し込みフォーム