札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」|過払い、相続、離婚、企業法務、法律相談は札幌弁護士.comへ

失敗続きの日本半導体、失敗の分析をしないことが失敗 - 札幌の弁護士|前田尚一法律事務所

NEWS
お知らせ・新着情報

失敗続きの日本半導体、失敗の分析をしないことが失敗

《失敗続きの日本半導体、失敗の分析をしないことが失敗》

 日経(2023年6月29日 5:00)の記事のタイトルです。

 

 冒頭で、「日本政府が2021年から、半導体分野への怒濤(どとう)の投資を続けている。その予算額は23年6月時点で公表されているだけでも1兆円超。その象徴が、最先端半導体の量産を目指すファウンドリー(製造受託企業)ラピダスだ。実は、これまでの日本の半導体戦略は幾多の失敗を繰り返してしまった歴史がある。ラピダスの成功のために過去の分析が必要だ。」とリードした上で、

「日本半導体復権のため、最先端半導体を少量多品種で量産するファウンドリーを設立。日本の代表的な半導体メーカー11社が出資し、国費から約300億円を出資する」を、「02年に設立されたASPLA(アスプラ)という企業」であると、過去の例として挙げています。

 

 そして、このアスプラ失敗について、
「ところが、アスプラでの各社共通プロセスの整備を待っていると、他社との競争に出遅れてしまうという事態が生じるようになってしまった。結果として、出資各社は自前で90nm半導体を製造し、次々に提供。アスプラが出る幕はなくなってしまった。」となどと経緯を説明した上、

 

 「ただ、記者はさらに根深い失敗の原因があると考える。優柔不断な国家・企業の戦略や、柔軟性のない経営判断。そして、そもそも「なぜ失敗したのか」という徹底分析がこれまで十分でなかったのではないか。」と問題提起し、

 

 「これまでの国家プロジェクトは、成功か失敗かを明確にしてこなかった。外から見ると明らかに失敗に見えるプロジェクトでも、なぜ失敗したのかという分析はまずされない。このため、失敗を知識として活用できていないのだ」「2000年代の半導体戦略プロジェクト・みらいを率いた廣瀬全孝氏は始動時、「日経マイクロデバイス」の取材に対してこう語っている。」
と識者の見解を引用した上で、

 結論として、
「このような場で、未来の話だけでなく、同じところでつまずかないために過去の徹底分析をしてほしい。」とまとめています。

 

 一見、とても分かりやすい展開であり、結論も受け入られそうです。

 しかし、出資した半導体各社の取りまとめが難しかったのと同様、
「過去の徹底分析」を公式に明らかにするのは,著しく難しいことです。

 徹底的な分析のためのデータを山のように収集することはできますが、「俺を誰だと思う」と言いかねないご歴々が集められるであろうこのような事業において、「過去の徹底分析」を一定レベルまで総括し、結論としてまとめることは、関係者その全員の顔を立てるための調整も必要となります。
 まとめができたとしても、それは抽象的で具体性のないものになってしまい、実際の知識として活用できるレベルにまで仕上がるのはほぼ不可能だと推測されます。

 

 エピソードで断片的な話となりますが、私が受任した案件おいて、事前に社内で、天下りの役員も含めて、事件の処理について話合いがされたことがありました。
 「私の前職の時代は………」などと言うばかりで民間実務の実情を知らない的外れな意見を無視することができず、適切な解決策から逸れるばかりという状況が生じました。
 意見を述べた人物が、実際に紛争を引き起こした当事者、戦犯といえる存在であった場合、目も当てられない事態というほかありません。

 

 このような事態は現実に存在します。
 ダイバーシティという言葉が社会で広く認知されるようになり、その後、多様なステークホルダーや集団を尊重することが求められるようになると、こうした調整に対する取り組み方を検討していかなければならないでしょう。

 私は、重要な意思決定プロセスに関与する場合は、制度上の機関の上に事実上存在しているであろう集まりを想定して、参加メンバーを少人数に絞ることを求め、企業の規模や事案の規模に関わらず、最大でも5人までの集まりで議論や打ち合わせを行うことを実践しています。

 

報道関係者の皆さまへ

 前田尚一法律事務所では、「テレビやラジオ」「TVニュース」出演、「新聞や雑誌」記事・インタビュー掲載などの実際の経験を踏まえ、各メディアへの出演・取材・法律監修、書籍執筆などのご依額を承っております。

 全国の中小企業から、企業法務に関する様々な法律相談やトラブル対応のご依頼をいただいており、実績と経験豊富な企業法務に強い弁選士が揃っています。そのため、企業法務に関するテーマでは、現在のトレンドからニッチな問題まで幅広い分野で各種メディア関係の皆様に協力することが可能です。

 出演・取材・書籍執筆のご依頼などがございましたら、お気軽に以下よりお問い合わせください。

 ご依額にはスピーディーに対応させていただきます。


前田 尚一(まえだ しょういち)
前田尚一法律事務所 代表弁護士
出身地:北海道岩見沢市。
出身大学:北海道大学法学部。
主な取扱い分野は、交通事故、離婚、相続問題、債務整理・過払いといった個人の法律相談に加え、「労務・労働事件、クレーム対応、債権回収、契約書関連、その他企業法務全般」も取り扱っています。
30社以上の企業との顧問契約について、代表自身が直接担当し顧問弁護士サービスを提供。



タグ

コロナ セクハラ パワハラ 不倫 不動産 事業承継 交通事故 介護 任意整理 休業手当 住民訴訟 信用情報機関 個人再生 倒産 借地借家 借金 借金救済制度 借金返済 債務整理 債務整理と住宅ローン 債権回収 働き方改革 公正証書 内容証明郵便 内縁関係 内部告発 利息制限法 労働組合 労務問題 医療法人 協議離婚 原状回復 名誉棄損 名誉毀損 商標権 団体交渉 土地区画整理 土地相続 売掛金 多重債務 家庭裁判所 家賃滞納 年金分割 引渡し 強制執行 後遺障害 慰謝料 損害賠償 敷金 明渡請求 時効 未払い残業代請求 根保証 死亡事故 民事再生法 法定相続 浮気 特別の寄与 特養老人ホーム 相続 相続人 相続人の範囲 相続放棄 相続法 相続税 知的財産権 社会福祉法人 立ち退き 立退料 自己破産 自筆証書遺言 裁判 裁判離婚 親権 解雇 調停離婚 請求書 財産分与 賃借人 賃貸人 返済 連帯保証 過払い金請求 遺産分割 遺留分 遺言 遺言書 遺言書保管法 配偶者 配偶者居住権 配偶者短期居住権 離婚 離婚協議書 非嫡出子 面会交渉権 預貯金の払戻し 顧問弁護士 養育費 B型肝炎 C型肝炎
電話フリーダイヤル24時間 相談の流れ 申し込みフォーム