札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」|過払い、相続、離婚、企業法務、法律相談は札幌弁護士.comへ

【TV出演】1月24日,uhb北海道文化放送(フジテレビ系系)の「のりゆきのトークDE北海道」の特集『夫の携帯電話をチェックしたことありますか?』に出演しました。 - 札幌弁護士|前田尚一法律事務所

NEWS
お知らせ・新着情報

【TV出演】1月24日,uhb北海道文化放送(フジテレビ系系)の「のりゆきのトークDE北海道」の特集『夫の携帯電話をチェックしたことありますか?』に出演しました。

 【番  外】

 TVドラマ出演(撮影風景)
フジテレビ系全各局)

 

【TV出演】1月24日,uhb北海道文化放送(フジテレビ系系)の「のりゆきのトークDE北海道」の特集『夫の携帯電話をチェックしたことありますか?』に出演しました。 刑事責任については,刑法に信書開封罪(133条)が定められているが,「封をしてある信書」を対象とする犯罪で,携帯電話の中のメールを見るような場合はあたらない。

 しかし,だからといって,まったく法的責任を負う余地がないということにはならない。プライバシーの権利を侵害するものとして不法行為(民法709条)にあたり,民事上の責任を問われる可能性はある。

 プライバシーの権利は,正面から定めた法律の規定はないが,「私生活をみだりに公開されない法的保障ないし権利」であり,人格権の一部として,判例で認められた権利である。

 ただ,「法は家庭に立ち入らない」という精神も重要であり,夫婦間の問題を一般の私人間における場合と全く同じに扱うことはでない。生活の具体的状況,貞操義務との関係等を考慮しながら,ケースバイケースで考えていく必要がある。実際,夫の携帯電話の中のメールや発着履歴から浮気が発覚することがしばしばあるようで離婚訴訟などに発展した場合,無断で携帯電話を見たからといって,直ちに証拠にならなくなるというわけでもない。

 

(ご参考まで)

◎刑法 (信書開封) 第133条 正当な理由がないのに、封をしてある信書を開けた者は、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。

 

◎民法 (不法行為による損害賠償) 第709条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は,これによって生じた損害を賠償する責任を負担する。

タグ

コロナ セクハラ パワハラ リスクマネジメント 不倫 不動産 事業承継 交通事故 介護 任意整理 企業法務 住民訴訟 信用情報機関 個人再生 倒産 借地 借地借家 借家 借金 借金救済制度 借金救済措置 借金返済 債務整理 債権回収 公正証書 内容証明郵便 内縁関係 内部告発 判例 利息制限法 労働組合 労務問題 医療法人 協議離婚 司法書士と弁護士 名誉棄損 名誉毀損 土地区画整理 土地相続 売掛金 多重債務 実績・裁判例 家庭裁判所 家賃滞納 年金分割 弁護士費用 強制執行 慰謝料 手続き 損害賠償 支払い 敷金 時効 書面雛形 札幌弁護士 根保証 死亡事故 毎日新聞 民事再生法 民法 法定相続 浮気 減額制度 特養老人ホーム 相続 相続の放棄 相続人 相続人の範囲 相続税 社会福祉法人 立ち退き 立退料 自己破産 裁判離婚 親権 解雇 調停離婚 請求書 財産分与 賃借 賃貸 返済 連帯保証 過払い金 過払い金請求 過払金請求 過払金返還請求 過払金返還請求訴訟 遺産分割 遺言 遺言書 雑記 離婚 離婚後の戸籍 非嫡出子 面会交渉権 顧問弁護士 養育費 B型肝炎 C型肝炎