札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」|過払い、相続、離婚、企業法務、法律相談は札幌弁護士.comへ

【TV出演】「サラ金などからの借入れに影響を与える貸金業法の改正」について,平成22年6月18日(金),STV(日本テレビ系列)の「どさんこワイド」に出演して解説しました。 - 札幌の弁護士|前田尚一法律事務所

NEWS
お知らせ・新着情報

【TV出演】「サラ金などからの借入れに影響を与える貸金業法の改正」について,平成22年6月18日(金),STV(日本テレビ系列)の「どさんこワイド」に出演して解説しました。

TV番組『どさんこワイド』出演記録

 

「サラ金などからの借入れに影響を与える貸金業法の改正」について,平成22年6月18日(金),STV(日本テレビ系列)の「どさんこワイド」に出演して解説しました。

 

変わる貸金業法

貸金業者を規制する法律が大きく改正され、きょうからスタートしました。利用者の多重債務を防ぐことなどが目的ですが、悪質なヤミ金被害に繋がるとの懸念も出ています。

改正の大きなポイントは2つです。一つ目は「借り入れの制限」、原則、年収の3分の1を超える借り入れはできなくなります。例えば、年収300万円の人は、借り入れができるのは、100万円までです。収入がない専業主婦などは、世帯年収の3分の1以内で借り入れができますが、特別な手続きが必要になります。もう一つのポイントは、「上限金利の引き下げ」です。これまで年29.2パーセントだった金利の上限が、20パーセントまで引き下げられます。法律の改正は、業者の貸し過ぎを制限して利用者を守ることが目的ですが、専門家からは、こんな指摘も出ています。

消費者問題に詳しい札幌の前田弁護士です。
(前田尚一弁護士)「どうしても借りなければいけない人がいると。良いか悪いかは別ですが。こういう風に締め付けがなるとどこから借りるのだろうと」「悪質な貸金業者から借りることで不幸な目にあう人も出てくる」
前田弁護士は、制限を超えた借り入れを必要とする人が、正規の業者ではなく、いわゆる「ヤミ金」に流れていく可能性を指摘します。また、主婦が借り入れをする際、世帯年収を証明する書類が必要なことなどから、借り入れが困難になると話します。
(前田尚一弁護士)「基本的にはいいシステムだが、漏れた方をどう(対処)するのか」「逃げ道がなくなった状態の方がどう対応すればいいのか、まだ対応策がはっきりしない」

(2010年6月18日(金)「どさんこワイド179」)

前田 尚一(まえだ しょういち)
前田尚一法律事務所 代表弁護士
出身地:北海道岩見沢市。
出身大学:北海道大学法学部。
主な取扱い分野は、交通事故、離婚、相続問題、債務整理・過払いといった個人の法律相談に加え、「労務・労働事件、クレーム対応、債権回収、契約書関連、その他企業法務全般」も取り扱っています。
30社以上の企業との顧問契約について、代表自身が直接担当し顧問弁護士サービスを提供。



タグ

クレーム対応 コロナ セクハラ パワハラ 不倫 不動産 事業承継 交通事故 介護 任意整理 休業手当 住民訴訟 信用情報機関 個人再生 倒産 借地借家 借金 借金救済制度 借金返済 債務整理 債務整理と住宅ローン 債権回収 公正証書 内容証明郵便 内縁関係 内部告発 利息制限法 労働組合 労務問題 医療法人 協議離婚 名誉棄損 名誉毀損 商標権 団体交渉 土地区画整理 土地相続 売掛金 多重債務 契約書 家庭裁判所 家賃滞納 年金分割 引渡し 強制執行 後遺障害 慰謝料 損害賠償 敷金 明渡請求 時効 未払い残業代請求 根保証 死亡事故 民事再生法 法定相続 浮気 特別の寄与 特養老人ホーム 相続 相続人 相続人の範囲 相続放棄 相続法 相続税 社会福祉法人 立ち退き 立退料 自己破産 自筆証書遺言 裁判 裁判離婚 親権 解雇 調停離婚 請求書 財産分与 賃借人 賃貸人 返済 連帯保証 過払い金請求 遺産分割 遺留分 遺言 遺言書 遺言書保管法 配偶者 配偶者居住権 配偶者短期居住権 離婚 離婚協議書 離婚手続き 非嫡出子 面会交渉権 預貯金の払戻し 顧問弁護士 養育費 B型肝炎 C型肝炎
電話フリーダイヤル24時間 相談の流れ 申し込みフォーム