札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」|過払い、相続、離婚、企業法務、法律相談は札幌弁護士.comへ

特別法は一般法に優先する - 札幌の弁護士|前田尚一法律事務所

TOPICS
判例解説

特別法は一般法に優先する

札幌の弁護士「前田尚一法律事務所」です。
特別法優先の原理です。

これは、同じ種類の法令の間で矛盾を生じさせないために、 認められているルールです。 一般法とは、ある事項について広く一般的に規定した法令をいい、 特別法とは、特定の場合・人・地域などに限定して、 一般法とは異なる定めをした法令をいいます。
そして、特別法優先の原理とは、一般法と特別法が競合する場合は、 特別法が優先的に適用され、特別法と矛盾しない限度において、 一般法が適用されるというルールをいいます。 原則は一般法が適用されますが、特別法がある場合には、 例外として適用されるというイメージです。
例えば民法は私法の一般法であり、その規定は私法関係一般に適用されます。 これに対して、商法は商取引に適用される特別法です。 具体的な例としては、債権の消滅時効期間は一般法の民法では10年です(民法167条1項)。 特別法の商法においては、商事債権の消滅時効期間は5年と定められています(商法522条)。
この場合、特別法優先の原理から、商事債権について民法は適用されず、 商法による5年の消滅時効にかかります。 この原理にはいくつかの注意点が必要になります。
第一に、一般法と特別法の関係は相対的なものであり、 A法はB法との関係では特別法であるが、C法との関係では一般法である場合があります。 雇用関係について言うと、労働基準法は民法との関係では特別法ですが、 地方公務員法との関係では一般法になります。
第二に、ある法令が全体として他の法令の一般法・特別法となる場合だけでなく、 法令中のある規定が他の規定の一般法・特別法となる場合もあるという点です。 会社法295条を見ると、 1項が一般法、2項が取締役会設置会社について定めた特別法という関係です。
特別法は一般法に優先して適用されるため、特別法の存在を見落としていると、 それだけで間違った答えを出してしまう事があります。 そこで、特別法を見つけるための条文上の目印を紹介します。 ただし目印がない場合もありますので注意して下さい。
一般法の目印は下記です。
「他の法令に定めるもののほか、この法律の定めるところによる」という文言がある場合、 その法律全体が一般法となることを示す目印となります。
特別法の目印は下記です。 「〇〇の特例等を定めるものとする」という文言は、 その法令が特別法であることを示す目印になります。 また、「〇〇の規定にかかわらず」という文言も、特別法の目印です。 上記の目印に注意しながら特別法がないかに気をつけて下さい。 また、目印がなくても常に一般法と特別法の関係に気を配る事が重要です。

当事務所の実績・実例[解決事例]こちらからどうぞ。
裁判での闘争(攻撃防御)をザックリとしたイメージという観点からは,
『悪魔の証明』とは?|裁判の勝敗と意外な裁判所のルール
裁判での主張・立証という観点からは,
民事裁判の仕組み『権利のための闘争』に勝つ方法
「証拠」という観点からは,
なに,証拠がないって?! なければ,作ればいいじゃないか!!
実際の裁判官の判断プロセスに関心がある方は,
裁判官の先入感、偏見、独断との闘い
裁判に負けるタイプ
という視点からは,
裁判に〝負ける〟方法
をご一読ください。


前田 尚一(まえだ しょういち)
前田尚一法律事務所 代表弁護士
出身地:北海道岩見沢市。
出身大学:北海道大学法学部。
主な取扱い分野は、交通事故、離婚、相続問題、債務整理・過払いといった個人の法律相談に加え、「労務・労働事件、クレーム対応、債権回収、契約書関連、その他企業法務全般」も取り扱っています。
30社以上の企業との顧問契約について、代表自身が直接担当し顧問弁護士サービスを提供。



タグ

コロナ セクハラ パワハラ 不倫 不動産 事業承継 交通事故 介護 任意整理 休業手当 住民訴訟 信用情報機関 個人再生 倒産 借地借家 借金 借金救済制度 借金返済 債務整理 債務整理と住宅ローン 債権回収 公正証書 内容証明郵便 内縁関係 内部告発 利息制限法 労働組合 労務問題 医療法人 協議離婚 原状回復 名誉棄損 名誉毀損 商標権 団体交渉 土地区画整理 土地相続 売掛金 多重債務 家庭裁判所 家賃滞納 年金分割 引渡し 強制執行 後遺障害 慰謝料 損害賠償 敷金 明渡請求 時効 未払い残業代請求 根保証 死亡事故 民事再生法 法定相続 浮気 特別の寄与 特養老人ホーム 相続 相続人 相続人の範囲 相続放棄 相続法 相続税 知的財産権 社会福祉法人 立ち退き 立退料 自己破産 自筆証書遺言 裁判 裁判離婚 親権 解雇 調停離婚 請求書 財産分与 賃借人 賃貸人 返済 連帯保証 過払い金請求 遺産分割 遺留分 遺言 遺言書 遺言書保管法 配偶者 配偶者居住権 配偶者短期居住権 離婚 離婚協議書 離婚手続き 非嫡出子 面会交渉権 預貯金の払戻し 顧問弁護士 養育費 B型肝炎 C型肝炎
電話フリーダイヤル24時間 相談の流れ 申し込みフォーム