札幌の弁護士なら「前田尚一(まえだしょういち)法律事務所」|過払い、相続、離婚、企業法務、法律相談は札幌弁護士.comへ

任意規定 - 札幌の弁護士|前田尚一法律事務所

TOPICS
判例解説

任意規定

札幌の弁護士「前田尚一法律事務所」です。 一つの法令の中にある様々な規定は任意規定と強行規定の2種類に分類されます。 特に私法では両者の区別が重要になってくるので、 その違いを理解していきましょう。 まずは任意規定からご説明します。 任意規定とは一般に法律に従わなくてはならないと考えられていますが、 条文の中には、必ずしもそれに従う必要のない規定もあります。 これを任意規定と呼びます。 任意規定とは、当事者が法令の規定と異なる合意をした場合には、 当事者の意思が優先され、その合意も有効とされる規定の事をいいます。 任意規定の定めと異なる内容の合意がある場合には、 その規定に従う必要はないのです。 任意規定は、当事者の意思表示が不明瞭な場合にそれを解釈したり、 当事者が合意していない部分を補填したりするための規定といえます。 民法第606条では、賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う。 とあります。 これは任意規定なので、この規定と異なり、建物の賃貸人と賃借人が、 修繕は全て賃借人が行うと合意した場合にはその合意が優先され、 賃貸人は修繕義務を負いません。 一方、賃貸借契約の中で修繕について何も合意がない場合には、 この規定が契約の内容を補填し、賃貸人が修繕の義務を負う事になります。

 

当事務所の実績・実例[解決事例]こちらからどうぞ。
裁判での闘争(攻撃防御)をザックリとしたイメージという観点からは,
『悪魔の証明』とは?|裁判の勝敗と意外な裁判所のルール
裁判での主張・立証という観点からは,
民事裁判の仕組み『権利のための闘争』に勝つ方法
「証拠」という観点からは,
なに,証拠がないって?! なければ,作ればいいじゃないか!!
実際の裁判官の判断プロセスに関心がある方は,
裁判官の先入感、偏見、独断との闘い
裁判に負けるタイプ
という視点からは,
裁判に〝負ける〟方法
をご一読ください。


前田 尚一(まえだ しょういち)
前田尚一法律事務所 代表弁護士
出身地:北海道岩見沢市。
出身大学:北海道大学法学部。
主な取扱い分野は、交通事故、離婚、相続問題、債務整理・過払いといった個人の法律相談に加え、「労務・労働事件、クレーム対応、債権回収、契約書関連、その他企業法務全般」も取り扱っています。
30社以上の企業との顧問契約について、代表自身が直接担当し顧問弁護士サービスを提供。



タグ

コロナ セクハラ パワハラ 不倫 不動産 事業承継 交通事故 介護 任意整理 休業手当 住民訴訟 信用情報機関 個人再生 倒産 借地借家 借金 借金救済制度 借金返済 債務整理 債務整理と住宅ローン 債権回収 公正証書 内容証明郵便 内縁関係 内部告発 利息制限法 労働組合 労務問題 医療法人 協議離婚 原状回復 名誉棄損 名誉毀損 商標権 団体交渉 土地区画整理 土地相続 売掛金 多重債務 家庭裁判所 家賃滞納 年金分割 引渡し 強制執行 後遺障害 慰謝料 損害賠償 敷金 明渡請求 時効 未払い残業代請求 根保証 死亡事故 民事再生法 法定相続 浮気 特別の寄与 特養老人ホーム 相続 相続人 相続人の範囲 相続放棄 相続法 相続税 知的財産権 社会福祉法人 立ち退き 立退料 自己破産 自筆証書遺言 裁判 裁判離婚 親権 解雇 調停離婚 請求書 財産分与 賃借人 賃貸人 返済 連帯保証 過払い金請求 遺産分割 遺留分 遺言 遺言書 遺言書保管法 配偶者 配偶者居住権 配偶者短期居住権 離婚 離婚協議書 離婚手続き 非嫡出子 面会交渉権 預貯金の払戻し 顧問弁護士 養育費 B型肝炎 C型肝炎
電話フリーダイヤル24時間 相談の流れ 申し込みフォーム